在宅ワーク

開業freeeを利用するべき?開業届を作成して個人事業主になりました!

  • 開業届の作成方法が分からない
  • 知識が無くても開業届を提出できる?
  • 開業準備に手間をかけたくない

個人事業主になるためには、開業届を提出する一手間をかけなければいけません。

けれども税金や書類関係が苦手だと、開業届の作成は億劫ですよね。

結論から言うと、誰でも5分で開業届を作成できる開業freeeの利用がおすすめです。

私も開業freeeで個人事業主となりました!

 

この記事では開業freeeで開業届を提出した私が、

  • 開業freeeの開業届作成~提出までの手順
  • 開業freeeを利用して感じたメリット3つ
  • 開業freeeの評判・口コミ

についてお伝えします。

今から開業を考えている人は、無料サービスでサクッと作ってみてくださいね。

\無料で開業届を作ってみよう/

 

開業freeeとは?5分で開業届が作れるサポート!

開業freeeは7つの質問と必要事項を入力するだけで、誰でも簡単に開業届を作成できるサービスです。

税金の知識が全くない私でも、5分で作成できました!

通常は開業届を提出するために、国税庁ホームページから書式をダウンロードして、自分で項目を記入しなければいけません。

ちなみに開業届と言われている「個人事業の開業・廃業等届出書」は下記の書類です。

参照:国税庁公式ホームページ

開業届は比較的簡単に作成できる書類ですが、税金に詳しくない人にとっては何が何だか分かりませんよね……。

でも心配いりません!書類作成が大の苦手な私でも、簡単に作成できたので安心してくださいね。

開業届を提出する流れ

  1. 開業届に必要項目を記入
  2. 税務署に提出

開業freeeは①の面倒な作業をすべて代わりにやってくれます!

 

開業freeeの料金は?最初から最後まで完全無料

開業freeeは1円も払うことなく、最後まで無料で利用できました。

開業freeeは、開業に関する知識がない方でも簡単に個人事業主として開業できる、利用料無料のサービスです。

引用:開業freee

freeeは開業届作成サービスの他に、会計や人事労務のソフトを提供しており、こういった有料サービスで利益を得ています。

そのため集客方法の一つとして、無料の開業届作成サービスを提供しているのです。

もちろん有料サービスを利用しなくてOKですし、営業もありません!

 

開業freeeの使い方!開業届を作成した4つの手順

では早速、開業freeeの使い方を4つの手順に沿って紹介します。

私が実際に入力した画面をスクリーンショットしたので、開業freeeの利用を悩んでいる人には参考になるはずです。

スマホでも手順は同じです!

開業届作成~提出の流れ

  1. 開業freeeに無料登録する
  2. 開業手続きで必要になる情報を入力
  3. 必要な書類を自動で作成
  4. e-taxか郵送で税務署に提出
一瞬で終わるので驚きますよ~!

 

開業freeeのアカウントを登録

まずは「開業freee公式サイト」を開きます。

トップページの「今すぐ開業準備を始める」をクリックすると、アカウント登録ページに移動します。

アカウントの登録方法は5つ

  • メールアドレス
  • Google
  • Facebook
  • Microsoft
  • Office365
私は仕事で利用していたGoogleアカウントで登録しました。

 

開業手続きで必要になる情報を入力

続いて開業手続きに必要な情報を入力します。

まずは先述した通り、7つの質問に答える流れでした。

  • どのような仕事をする予定ですか?していますか?
  • その仕事はいつから始めますか?もう始めていますか?

仕事の種類・概要は選択肢が出るので、当てはまる仕事を選べばOKです。

私はブログとライターをしており、主な収入源のライターと記載しました!

仕事を始めた日付は「開業日」を入力します。(※原則提出の1ヶ月前)

  • 収入はいくらくらいになりそうですか?目指していますか?
  • どこで仕事をしますか?していますか?
  • 従業員や家族に給与を支払う予定はありますか?

在宅ワーカーとして自宅で働き、給料を支払う予定はないので上記のように入力しました。

月収は大まかな額で問題ありません。入力すると「白色申告」か「青色申告」を自動で選んでくれる仕組みです。

 

必要な書類を自動で作成

質問に答え終わったら、いよいよ開業届の作成段階に入ります。

指示に従って必要事項を入力していきます。

  • 屋号
  • 申請者の情報

フリーランスの場合、屋号をつけるかどうかは自分で決められますよ。

ちなみに屋号をつけると下記のメリットがあるので、私はつけることにしました。

屋号をつけるメリット
  • 屋号で口座やクレジットカードを作れる
  • 屋号があると信頼されやすい
  • 案件によっては屋号がないと受注できない場合も

屋号は好きな時に変更できるので、あまり難しく考えなくても大丈夫です。

私は適当に決めちゃいました……笑

確定申告の書類を選びます。私は65万円の控除が得られる「青色申告」にしました。

e-taxか郵送で税務署に提出

開業届の提出方法は3種類から選択できます。

  1. 税務署に持ち込み
  2. 郵送
  3. 電子提出(e-tax)

持ち込みや郵送の場合は、書類を確認後に印刷をして提出すると完了です。

電子申告は次の3つを準備しないといけません。

  • マイナンバーカード
  • ICカードリーダー
  • Windows8.1以上、もしくはmacOS10.12以上のPC

私はマイナンバーカードを作っていなかったので郵送にしました!

開業届の作成から提出までの流れは以上で終わりです。

書類の他に、「マイナンバーカードもしくは通知カードのコピー」や「本人確認書類のコピー」も必要です!

ちなみに私が作成した開業届はこちらです!

青色申告承認申請書と各控えも印刷するだけでOKでした。

\無料で開業届を作ってみよう/

開業freeeを使って感じたメリット3つ

実際に開業freeeを使ってみて、良いな~と思ったポイントを3つお伝えします。

めちゃくちゃ簡単なので、デメリットは本当にありません……!

 

開業届以外の必要書類も全部用意してくれる

開業freeeを利用すると、開業届以外に必要な書類も全部用意してくれます!

開業freeeで作成できる書類

  • 個人事業の開業・移転・廃業等届出書
  • 源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書
  • 給与支払事務所等の開設・移転・廃業等届出書
  • 所得税の青色申告承認申請書
  • 青色専従者給与に関する届出書
  • 上記各控え

誰も雇わないフリーランスであれば、赤字の書類だけ提出することになります。

もちろん控えも用意されているので、余分にコピーをする手間がありません!

控えは口座開設時などに必要なので、一緒に提出しておきましょう。

 

想定年収から税金をシュミレーションしてくれる

開業freeeを使えば、事業の売上や内容から青色申告、白色申告それぞれの見込み納税額(所得税・住民税・健康保険料の合計)を簡単にシミュレーションしてくれます。

収入に対して、いくらの税金を払わないといけないのか想像しづらいですよね。計算するのも面倒ですし……。

ですが開業freeeなら想定収入を入力するだけで、1年で必要な税金が分かるのです。

税金額が不安な人は、一度入力してみましょう!

 

税金の知識は一切不要!

何度も言いますが、税金やお金の知識は要りません。

もちろん開業後に節税をするための勉強は必要ですが、開業するだけなら誰でも5分で開業届を作れました。

お金の知識が無くて不安な人は、開業freeeでサクッと開業してみてくださいね。

 

開業freeeの評判・口コミ

開業freeeの口コミをTwitterで調べてみました!

利用者の多くが簡単に開業届を作れたようです。

 

開業freeeで個人事業主になろう!

この記事では開業freeeで「開業届を作成した流れ」についてお伝えしました。

こんな人であれば、開業freeeを使ってみるのがおすすめです。

  • 税金や書類作成が苦手
  • 5分で開業届を作成したい
  • 開業届以外に用意する書類が分からない

開業準備は開業届の提出だけでなく、経費や税金の勉強など意外とやることが多くあります。

時間を無駄にしないためにも、無料で効率よく開業を進めていきましょう。

\無料で開業届を作ってみよう/