Webライター

Webライターの仕事内容とは?未経験から副業したい人向け

Webライターの仕事内容
  • Webライターで副収入を得たい
  • Webライターの仕事内容は?
  • 未経験でも仕事はできる?

 

副業ブームの波もあり、Webライターを副業にしたいと考える人は増加しています。

私もその1人で、未経験からWebライターを始めて1ヶ月で数万円の収入を得ました。

 

この記事ではWebライターで収入を得ている私が、

  • Webライターの仕事内容
  • 仕事のジャンル
  • Webライターになる方法

について未経験者の副業・在宅パート希望の方向けにお伝えします。

 

本記事では主に「仕事内容」について紹介しています。

 

「未経験者からWebライターになる方法」については、こちらの記事を見てくださいね。

Webライター未経験
Webライター未経験の主婦でも在宅でパート代を稼げる! 家にいる時間に、月数万円でもお金が稼げたら良いな~と思ったことはありませんか? でも、「在宅ワーク」と聞く...

 

 Webライターとは

Webライターとは、Web上で表示される記事を書く職業です。

私たちがGoogleやyahooなどで検索した時、情報が掲載されたメディアが表示されますよね。

 

そのメディアが保有する各記事の文章を作成するのが、Webライターの仕事です。

そう思うとハードルが高く感じますが、Webライターは専属のプロから、私のように副業やパート代稼ぎまで様々います。

そして月数万円程度であれば、文章作成が苦手&未経験でもWebライターとして働くことができるのです。

私自身も全くの未経験で、学生時代のレポート作成も大の苦手でした!

まずWebライターの仕事内容をお伝えするので、どんな仕事かを知っておきましょう。

 

Webライターの主な仕事内容

Webライターは、クライアントから案件を受注して、構成や文字数、内容の指示を元に文章を作成します。

 

Webライターの仕事内容

  1. 記事の企画
  2. インタビュー取材、調査
  3. 文章構成
  4. 文章作成

私はWebライターで生計を立てていないので、フリーの副業目線で紹介しますね。

将来的にWebライターで食べていきたい人も、まずはここから始めることになるはずです。

 

記事の企画

記事を作成する前には、「ジャンル」や「ターゲット」を決めてどんな記事にするのかを企画します。

ブログ運営の場合は、まずここから考え始めます。

けれども、月数万円が目標の場合は、企画する必要はありません。

クライアントが企画済みの案件を発注するので、自分で作成できそうなものを選べばOKです。

 

なので最初はこの「企画」については考えなくて良いでしょう。

後にライターで食べていくのに必要になれば、クライアントと相談しつつ行えば大丈夫ですよ。

 

インタビュー取材、調査

インタビュー取材や調査が必要な案件は割とあります。

私はインタビューが手間なのでやったことはないですが、その分単価は上がるのでライティングに慣れたら挑戦しても良いですね。

 

ただし記事作成において、調査は必須になることが多いです。

国のデータやTwitterの口コミ、物事の説明で「引用」「参考」が良く使われていますよね

といっても今はネットでなんでも調べられるので、ネットがあればほとんど事足ります。

専門的な記事(お金など)であれば、書籍が必要になるのでジャンルや案件内容で判断して用意しましょう。

 

体験したことがあるジャンルなら、調査の手間が省けて負担も少ないですよ

 

文章構成

文章構成が必要かどうかは、案件によって異なります。

 

文章構成で行うこと

  • タイトル付け
  • 各段落のタイトル付け
  • 文章全体の流れ作成
  • 競合サイトチェック
  • 全体の文字数

私個人の意見としては、文章作成よりも文章構成の方が大変という印象。

構成は大枠を決めることなので、構成がしっかりしていれば後は内容を肉付けするだけで良いからです。

 

だからといって、構成が必要=単価が高いという訳ではないので注意してください。

相場はありますが、構成の有無や単価はクライアント次第で大きく変わります。

案件内容に「構成の有無」が記載されているので、必ずチェックしておきましょう。

構成が必要だと作業時間が大幅アップします。

単価と見合っているか要チェック!

 

文章作成

文章作成はWebライターの根本となる作業です。

ライター業務をする以上、文章作成は必ずついて回るもの。

 

逆に言えば文章作成さえ出来れば、仕事を受注できるということです。

そして文章作成のスキルがアップすると、単価が上がり収入も多くなります。

未経験の場合は、まずは文章作成で量をこなすことがポイント!

作成内容は、メディアや目的によって大きく変わります。

 

例えばクライアントの要望が「Web検索時に上位させたい」であれば、SEOライティングという検索上位表示に特化した書き方をしなければいけません。

ただ、最初からそのような文章作りをすることは難しいのが現状。

 

なので初めは「体験記事」や「レポート」から始めて、徐々にSEOライティングなどのスキルが必要な記事に移行していくと良いですよ。

 

おすすめの流れ

  1. 体験記事やレポート(数百字程度)
  2. ブログ記事(SEOなし)
  3. 企業メディア・ブログ記事(SEOあり)

 

体験記事やレポートは単価が低いため、数をこなさないと大した収入になりません。

がっつり稼ぎたい場合は、ブログ運営を併行すると単価が大幅アップします。

ブログを数ヶ月運営していた私は、ライター初月から数万円の収益が出ました!

ブログ運営は企画からライティングまで1人で行います。

Web検索とLINEしかできない私でも始められたので、月数万円の収入が欲しい人はチャレンジすると良いですよ。

WordPressブログの始め方【初心者の主婦もできました】この記事では、WordPress(ブログ作成ができる無料のソフトウェア)でブログを始める方法を、主婦でパソコンの知識ゼロのままブログを開...

 

Webライターに求められるスキル

Webライターはライティングスキルによって収益が左右されます。

単価が安い案件でも副業にはなりますが、時間を消耗するだけで正直勿体ないです。

未経験者は最初は「作成してみる」だけで良いので、徐々にスキルアップして効率が良い案件を受注しましょう。

 

ライティングスキルの勉強法

  • ライティング本を読む
  • 同ジャンルの上位表示された記事を読む
  • 上記を参考に記事を作成してアウトプット

 

まずは書いてみることが大事ですが、その際にはライティング本を参考にするのがおすすめ。

基本的な語尾の使い方、言葉の言い回しなど分かっているようで分かっていないことを振り返ることができます。

 

そして実践部分は、検索して上位に表示される記事を読んで勉強しましょう。

上位表示される記事は、それだけクオリティが高いということです。

ライティング本質が高い記事を参考にしつつ、自分の記事に落とし込むと徐々に感覚が掴めますよ。

 

Webライターのジャンル

先述したように、Webライターの中にはジャンルが様々あります。

「自分が体験したことがある」ジャンルを選ぶと、体験談を交えて書けますし、調べる手間が軽減するのでおすすめですよ。

Webライターのジャンル

  • 医療
  • 転職
  • お金、節約、借金
  • 美容
  • 結婚
  • 出産・育児
  • 映画・ドラマ

上記以外にもたくさんのジャンルがあるので、探していれば自分に合ったものを選べます。

一般的に専門性が高い程、文字単価は上がります

ちなみに私は看護師転職のジャンルで、初月から数万円いただくことができました。

 

Webライターになるには

Webライターは私のようにフリーで案件を受注するタイプ企業に属するタイプの2種類があります。

仕事の方法はどちらでも良いですが、副業やパートであれば自由に仕事ができるフリーが良いでしょう。

未経験者はフリーで始める人が多いですよ

 

フリーのWebライターとして働く

フリーで働く場合は、企業や個人から仕事を受注しなければいけません。

その際に利用できるのが、クラウドソーシングサービスです。

クラウドソーシング…仕事の発注者と受注者を結びつけるサービス

 

クラウドソーシングに登録しておけば、仕事を検索して受注すると仕事が開始できます。

案件は毎日更新されるので、こまめにチェックして「受けたい!」という仕事があれば応募すると良いですよ。

 

私が登録したクラウドソーシング

最初の案件はランサーズからでした

どちらも同じ仕組みなので、まずは2サイトに登録して案件を比べてみましょう。

 

メディアのWebライター募集に応募する

企業のWebライターとして入社すると、継続的に案件を受注できます。

その場合は本業との併行が難しい可能性があるので、求人条件を十分に確認してください。

ただ個人的には、未経験で転職&フルタイム勤務は「いまいち」かなと感じました。

何度か求人を調べたことがありますが、未経験のWebライターは正社員が少なかったり年収が300万円前後だったりと、待遇があまり良くありません。

まずは副業で始めて、スキルを磨くのがおすすめ!

 

まとめ:Webライターに挑戦してみよう

この記事では「Webライターの仕事内容」についてお伝えしました。

Webライターという響きだと難しそうに思えますが、挑戦できるハードルは非常に低い副業です。

もちろん怪しくもないので、気になったらまずは行動してみてくださいね。

ライターライフを楽しみましょう!

 

Webライター未経験
Webライター未経験の主婦でも在宅でパート代を稼げる! 家にいる時間に、月数万円でもお金が稼げたら良いな~と思ったことはありませんか? でも、「在宅ワーク」と聞く...