Webライター

Webライターの収入 | 実践した高収入のコツと未経験者の単価

Webライターの収入
  • Webライターとして稼ぎたい
  • Webライターの収入はどれくらい?
  • 副業やパート代わりになる?

 

在宅ワークを始めるにあたって、Webライターを選択肢に入れる人は多くいます。

ですがWebの仕事に詳しくなければ、実際の収入がいまいち分かりませんよね。

 

この記事では未経験からWebライターを始めて収入を得ている私が、

  • Webライターの収入
  • 収入をアップさせる方法

についてお伝えします。

月10万円程度なら誰にでも達成可能ですよ

 

Webライターの収入

Webライターは副業からプロまで様々なので、正直なところ収入はピンキリです。

ただし言えることは、かなり稼いでいる人はごく一部で半数以下は年収400万円に達しないということ。

 

そして収入はフリーか企業に属するかでも異なります。順番にお伝えしますね。

フリーランスの収入

Webライターには個人で案件を受注する「フリーランス」が多くいます。

フリーランス:会社や組織に属さず自身のスキルを活かして、個人的に契約を結び業務を行う人

 

フリーランスの中には、これだけで生計を立てている人もいれば、アルバイトやパート目的の人もいるので収入のばらつきが大きいです。

副業目的の大半は、空き時間にフリーで受託した案件をこなしています

 

分筆系(ライター、イラストレーター、編集者、翻訳、通訳)のフリーランス年収結果

年収 割合
200万未満 32.0%
200~400万未満 26.9%
400~600万未満 21.5%
600~800万未満 8.2%
800~1000万未満 5.5%
1000~1200万未満 2.3%
その他 3.6%

出典:『フリーランス白書 2019』

先述した通り年収400万円以下が過半数なので、Webライターとして生計を立てるなら本気で取り組まないといけません。

営業力をつけて、単価が高い案件を受注することで、収入を上げる流れです。

ちなみに私は週3稼働で、パート代程度を稼いでいます

データの対象者は、時短社員のような働き方が32.5%。60時間未満のすきまワーカーは21.2%のと、フルタイム以外の働き方が半分を占めています。

フルタイムだけで絞ると、平均収入は上がると思いますよ。

 

企業で働く場合の収入

企業で働くWebライターは、給料が決まっているため固定的な収入を得られるのがメリットです。

ですが未経験で正社員を目指すのは、私はあまりおすすめしません。

私自身Webライターを本業にすることも考えたのですが、世に出ている求人は給料が低いと気付いたからです…。

 

求人情報サイトindeedの東京・大阪・福岡の求人を調べたので参考にしてください。

 

企業で勤めた場合の収入

  • アルバイト:1000~1500円/時
  • 嘱託社員:20~25万円/月
  • 正社員:300万円/年

 

求人数はざっくりですが、アルバイト>嘱託社員>正社員の順で多かったです。

アルバイトは在宅、嘱託や正社員は社内勤務の求人をよく見かけました。

在宅バイトであれば割は良いかもしれませんが、出勤して年収300万円だと好条件には思えません。

 

給料アップを狙うのであれば、副業でスキルをつけてから転職した方が現実的です。

すぐにライター業をしたい人は、低年収スタート→転職で給料アップを狙いましょう

 

Webライターの記事あたりの収入

次にWebライターの具体的な収入内訳をお伝えします。

仕事経験がフリーのみなので、企業ではなくフリー案件として考えてください

 

記事あたりの収入

  • 体験やレポート:~2000円
  • 記事作成:~3000円
  • 記事作成(専門性):~10000円

参考:クラウドワークス・ランサーズの案件

1記事〇〇円と設定されている案件は、大体文字数も決まっています。

ただし記事ごとの給料なので、文字数がオーバーしても超えた分をもらうことはできません。

求められる内容と文字数に矛盾が出ることも、、、

 

記事単位で収入を決めている案件は、初心者・未経験者向けによく見かけます。

初心者OKはメリットですが、「作業量と比べて収入が安すぎる」ことも少なくありません。

案件の詳細を確認して、割に合わないようなら「文字単価換算の案件」に応募しましょう。

私は断然「文字単価」派です!!

 

Webライターの文字単価あたりの収入

収入が文字単価で決まっていれば、作成した文量だけ収入を得られます。

もちろん過剰に付け足すことはNGですが、必要な補足なら料金を追加で支払われるので安心です。

 

文字単価あたりの収入

  • 体験・レポート:~0.8円
  • 記事作成:~1.5円
  • 記事作成(専門性):1.0円~

参考:クラウドワークス・ランサーズの案件

「1文字1.0円」と考えると驚くかもしれませんが、多くの案件は2000字~10000字を指定されるので、意外としっかりした収入になります。

私が受注している案件では3000~6000字指定が多いですよ。

 

3000文字の収入例

  • 単価0.5円=1500円
  • 単価1.0円=3000円
  • 単価1.5円=4500円

例:単価1.0円×3000文字×20記事=6万円/月

この場合は1ヶ月20記事の受注で、6万円の報酬を得られます

単価によって値段は大きく変わりますが、1文字1円であれば3000円もらえることが分かりますね。

記事内容にもよりますが、構成なしで純粋に文書作りをする場合は、3000字であれば3~4時間で完了します。

副業やパートとして行うには、十分時間を確保できそうですね。

慣れたらもっと時間を短縮できますよ

 

すきま時間で効率的に仕事をするためには、可能な限り文字単価が高い案件を受注することが重要です。

かなり安い単価の案件もありますが勿体ないので、最低でも0.5円以上、書けそうな記事があれば0.8円~1.0円のものから挑戦しましょう。

0.5円~1.0円は難易度に大差はありません。クライアントのサジ加減です。

 

収入アップのコツ

私はWebライターを始めた初月から文字単価1.5円だったので、効率良く稼ぐことができました。

Webライターとして収入を上げる方法をお伝えしますね。

 

文字単価を上げる

文字単価を上げるには、以下の方法があります。

  1. 実績をつけて高単価案件に応募する
  2. ブログを運営する
  3. 単価が高いジャンルを選ぶ
  4. クライアントに交渉する
私はブログを運営していたので、最初から単価が高めでした!

 

①実績をつけて高単価案件に応募する

時間はかかりますが、単価が安い案件で数をこなして、高単価案件に挑戦すると確実に収入アップを見込めます。

 

低単価案件を受注するメリット

  • 実績を作れる
  • ポートフォリオになる
  • 文章作成に慣れる

クラウドソーシングを利用する場合、プロフィール欄に「受注数」や「評価」が掲載されます。

顔が見えない相手に仕事を依頼するので、クライアントは掲載される実績を1つの評価基準とするのです。

実績がゼロの人にお金を払うのは怖いですよね

 

また高単価案件の場合は、ポートフォリオの提出を求められることがよくあります。

ポートフォリオ:自分が作成した資料・作品

単価が低い案件を受注し、その記事をポートフォリオとして提出すると実力を伝えることができるという訳です。

Webライターとして生計を立てている人も、最初は実績作りから始めているので、着実な方法と言えます。

文章作りに慣れていない人は、記事作成以外のアンケート案件などで「実績」を貯めるのも1つの手ですよ

 

②ブログを運営する

ブログを運営すると、手っ取り早く収入を上げることができます。

 

ブログを運営するメリット

  • ポートフォリオの代用になる
  • クライアント側の意図が分かる
  • ブログでも収入が発生する

前述したポートフォリオですが、ライター記事でなくブログを提出することで代用可能です。

私は実績ゼロ、ライター経験ゼロから始めたので、自分のブログを見せたら継続案件を受注出来ました。

結果的に単価1.0円以上の案件に3件応募し、そのうち1件が受かっています

 

またブログ運営をするときには、文章作りだけではなく記事のジャンルや構成も行います。

クライアントの要望が分かるようになるので、やり取りもスムーズになりますよ。

「WordPress直接入稿」を指定する案件もあります。

これはブログやサイトを作成する無料ソフトですが、ブログ運営で慣れているとこのような案件も受注可能です。

直接入稿は単価が高めなのでおすすめ!

 

そしてブログの最大のメリットは、ブログからも収益が出ることです。

ブログとライターの両方から収入を得られて、かつスキルアップの相乗効果があるので挑戦してみると良いですよ。

 

③単価が高いジャンルを選ぶ

単価はジャンルによって左右されることが多いです。

高単価を狙うなら「専門性が高い」「商品を訴求できる」ジャンルを選ぶことがおすすめ。

 

専門性が高いジャンル例

  • 法律
  • 医療
  • お金

素人にとって難しいジャンルであれば当然単価は上がります。

例えばあなたが弁護士や税理士、医師などであればチャンス大ですが、そうでなければ避けた方が無難です。

ジャンルに疎ければ調査に膨大な時間がかかり、結局トータルの収入は落ちるので高単価を選ぶメリットがありません。

間違った知識を記事にすることで、迷惑をかけるリスクも・・・

 

商品を訴求できるジャンル例

  • 美容(化粧品、エステ、脱毛など)
  • 妊娠・出産・育児
  • 転職
  • 借金・クレジットカード
  • 婚活・恋愛

このようなジャンルは、記事内で紹介した商品を利用してもらうことで、サイト側に利益が入ります。

そもそもの商品単価が高いため、ライターに支払われる金額も上がる仕組みです。

専門性が高いジャンルと違って、こちらは気軽に挑戦できますし、案件数も多いのが特徴。

 

体験済みのジャンルであれば作成しやすいので、書けそうな案件はどんどん応募していきましょう。

私は「看護師転職ジャンル」の案件をもらえました!

 

④クライアントに交渉する

継続案件を獲得したあと、信頼関係ができたら値段交渉をするのも1つです。

交渉の仕方によっては契約が終わったり、信頼を失うリスクもあるので慎重に行わないといけません。

ただ未経験者が最初から交渉するのは難しいので、経験を積んでからやってみてくださいね。

 

記事の作成頻度を上げる

納品期限に間に合えば問題ありませんが、納品が早いと信頼されやすいですよね。

また作業スピードが上がると、それだけ受注できる案件も増えて収入アップにつながります。

 

納品期日はプロフィール欄でもアピールできるので、高単価案件の受注に一役買ってくれますよ。

私は当日か翌日納品していますが、評判は良くて次々と案件をいただけています

 

24時間以内に返信する

クライアントとの連絡は、24時間以内に返信しましょう。

仕事をする以上当然ですが、対応は早ければ早い程良いです。

ランサーズでは「24時間以内返信率」の項目が、プロフィールに自動設定されているので注意

 

残念ながらクラウドソーシングのWebライターの中には、返信が遅くて対応が悪い人がいます。

そのため24時間以内に返信するだけで、案件受注率がアップして信用されやすくなりますよ。

 

Webライターになるには

未経験のWebライターは単価が低いですし、フリーであれば営業も頑張らないといけません。

そのため、まずは副業かパート(扶養内)で月5万円を目指すことがおすすめです。

 

月5万円であれば、クラウドソーシングサービスの利用で達成可能ですよ。

私は初月で5万円超えています!

 

私が登録したクラウドソーシング

 

Webライターは初期費用0円でチャレンジできて、現実的に収入を得られる仕事です。

まずは案件を受注して、お金を稼いでみてくださいね。